生涯に亘って受け止めのできる法人を目指して

社会福祉法人むさしの郷

夏祭り

【ながい寮】
8月24日に夏祭りを行いました。利用者さん全員で甚平を着て、女性の方は化粧をすることによって普段とは違った雰囲気となり、表情も良く、笑顔が多く見られました。
午前中はお神輿の入場から始まり、大きな声で「わっしょいわっしょい」と会場に声が響き渡り、盆踊り、ゲーム大会、スイカ割りを行いました。
ゲーム大会では男女対抗で戦い、今年は接戦の末、女性チームが勝利し、大いに盛り上がりました。
昼食は利用者さんと職員にアンケートをとり、リクエストが多かった、たこ焼き、唐揚げ、イワシのつみれ汁と、巻きずしを工夫して出してもらい、皆さん美味しそうに食べている姿が印象的でした。
午後はソーラン節、手品、利用者さんの「のど自慢大会」、職員によるバンドコンサートを行いました。のど自慢は職員の生バンドで行ったので、より雰囲気を感じて頂けた様子で、合格の鐘が鳴ると、手を叩いて喜んでいる方もたくさんいらっしゃいました。
続いてのバンド演奏では、今年は「宙船」と「フレンズ」を披露。生演奏に喜んでいただけたようで、大いに盛り上がりました。利用者さん、保護者の方、ボランティアさん、職員が一緒になって参加し、たくさんの笑顔を見る事ができた一日となりました。(佐川)